防災コラム 今月のチェックポイント

おすすめの住まい情報をはじめ、
簡単にできるお手入れやメンテナンスについて毎月公開します。

わが家の防災!もしもに備える防災コラム

防災知識を高めることで、より安全・安心な日々を!もしもの時に役立つ「備え」や「ヒント」をご紹介します。

非常時に何を持って避難すればいいか、不安はありませんか?

緊急避難の事態に陥った際、いったいどうすればいいか困惑してしまうことが考えられます。

「何を持って避難すればいいの」と気持ちは焦るばかり・・・。

普段から準備しておくことで、その焦りは最小限に抑えることができます。

「備える」=「非常時にやることを想定する」=「気持ちを落ち着けて行動できる」ことにつながるはず。

いざという時に持ち出す物を家族みんなで考え、準備しておくことは、ご家庭でできる避難訓練のひとつです。

早速チェックしてみてください。

いざという時に持ち出す物をリストアップ

■非常時持ち出し品の代表例

男性は約15kg、女性は約10kg。体格や年齢によって個人差はありますが、これは、いざという時に持ち出せる荷物の重さの目安です。

実際にリュックに入れて(両手が使えるように)背負って歩ける程度の重さを確認しておきましょう。

消費期限・有効期限など、中身の定期的な点検も忘れずに。

 

*住所録 *1日分の飲料水と食料 *医薬品(常備薬含む) *マッチ・ライター *ナイフ *防寒着などの衣類 *貴重品(運転免許証などのコピー/健康保険証/預金通帳・印鑑/パスポート/外国人登録証) *救急用品 *軍手 *携帯ラジオ *懐中電灯 *携帯電話の充電器 *下着 *簡易トイレ *予備電池 *ろうそく *ウェットティッシュ *現金(5~10万円程度/小銭も必ず準備) *家族のための必需品(メガネ/補聴器/持病の薬/乳幼児がいる場合など、家族一人ひとりに必要な物)

■非常時持ち出し品の代表例

■緊急避難用も常備しておくと万全

緊急事態の際は、まずは身の安全の確保を最優先するため、手ぶらで避難することも想定に入れておく必要があります。

これを踏まえたうえで、家族で話し合って最低限必要な物を準備し、とっさの時にもすぐに持ち出せるよう、玄関先などに常に置いておくと万全です。

緊急避難の負担にならない大きさ・重さを考慮しましょう。

■緊急避難用も常備しておくと万全

■日頃からバッグなどに入れて持ち歩きたい物

*身元や連絡先のわかるカード *病院の診察券 *携帯ラジオ *メモ帳・筆記用具 *携帯電話の充電器 *小銭 *笛(もしもの時に居場所を知らせるために吹く)

 

◎勤務先にも避難用のグッズを!

*スニーカー *帰宅地図 *簡易食料 *飲料水など

■日頃からバッグなどに入れて持ち歩きたい物

過去のコラム

修理・相談受付

メールでのお問い合わせにつきましては
お名前、保証書番号等をご入力の上、ご送信ください。

メールでのお問い合わせ

  • ※「よくあるご質問(FAQ)」では、お客様から多く寄せられているお問い合わせの内容を掲載しています。
    お問い合わせの前にぜひ一度ご確認ください。よくあるご質問(FAQ)
  • ※土日・祝日を挟んだ場合、またはお問い合わせ内容によっては、数日以上のお時間をいただく場合がございます。
    (受付時間 平日 9:00〜17:30)
  • ※メールでのご回答が不達の場合、またはご質問の内容によっては電話での確認や電話・郵送でのご回答をさせていただきますので、
    必ずお名前、電話番号または保証書番号の記載をお願いいたします。

お急ぎの場合はお電話にて、担当の販売店へお問い合わせください。

電話番号がご不明の際には記コールセンターにお問い合わせください。

フリーコール 0800-500-3707 【年中無休】9:00~17:30

×

TOPへ