「らしく」誌上メンテナンス講座

おすすめの住まい情報をはじめ、
簡単にできるお手入れやメンテナンスについて毎月公開します。

わが家の防災!もしもに備える防災コラム

防災知識を高めることで、より安全・安心な日々を!もしもの時に役立つ「備え」や「ヒント」をご紹介します。

「住宅用火災警報器」なのに、火災を感知しなくなる!?

火災発生を感知し知らせてくれる「住宅用火災警報器」ですが、

永久的に機能するかというと、実はそうではありません。

年数が経つにつれて、電子部品の劣化・寿命や電池切れなどにより、

火災を感知しなくなったり、故障しやすくなったりします。

こうなると、せっかくの「お守り」が台無しというか、大変危険です。

住まいと家族を守り続けるためにも、定期的なチェックをお忘れなく!

住宅用火災警報器の取り替えは「10年」が目安

■定期的な「作動確認」で警報音をチェック

「ボタンを押す」または「ひもを引っ張る」と…

 

【正常な場合】

正常を知らせるメッセージまたは火災警報音が鳴ります。

(警報音はメーカーにより異なります。)

 

【警報音が鳴らない場合】

電池がきちんとセットされているかを確認。
それでも鳴らない場合は「電池切れ」か「機器本体の故障」の

可能性があります。

■定期的な「作動確認」で警報音をチェック

■10年経ったら新しい火災警報器に取り替え

次の取り替え時期(10年後)がわかるよう、

機器本体の側面などに「設置年月」を油性ペンで記入しましょう。

また、「作動確認」をして正常に鳴るかどうかも確認してください。

 

※新しい火災警報器の購入は?

「らいさぽ」が便利…らいさぽ「火災報知器」はこちら

 

※設置時期を調べるには?
火災警報器本体に「設置年月」の記入がない場合は、

機器本体に記載されている「製造年」を確認。

 

◎もっと詳しくは…とりカエル http://www.torikaeru.info

※出典:一般社団法人 日本火災報知機工業会

■10年経ったら新しい火災警報器に取り替え

過去のコラム

修理・相談受付

メールでのお問い合わせにつきましては
お名前、保証書番号等をご入力の上、ご送信ください。

メールでのお問い合わせ

  • ※「よくあるご質問(FAQ)」では、お客様から多く寄せられているお問い合わせの内容を掲載しています。
    お問い合わせの前にぜひ一度ご確認ください。よくあるご質問(FAQ)
  • ※土日・祝日を挟んだ場合、またはお問い合わせ内容によっては、数日以上のお時間をいただく場合がございます。
    (受付時間 平日 9:00〜17:30)
  • ※メールでのご回答が不達の場合、またはご質問の内容によっては電話での確認や電話・郵送でのご回答をさせていただきますので、
    必ずお名前、電話番号または保証書番号の記載をお願いいたします。

お急ぎの場合は、お電話にてお問い合わせください。

フリーコール 0800-500-3707 【年中無休】9:00~17:30

×

TOPへ