部位ごとのお手入れ

トヨタホームの家にいつまでもキレイにお住まいいただくために、
部位ごとのお手入れを掲載しています。

床・ワックス

洋室

床・ワックス

ワックスがけが必要なときは、床(フローリング)
と使えるワックスの種類を確認しましょう。

  • ふだんのお手入れ
  • 注意事項

ふだんのお手入れ

【ワックスを使う場合】 指定のワックスを使ってお手入れ

作業時間
6畳あたり約1時間
作業の頻度
フローリングのツヤがなくなってきたら
用意する物
ビニール手袋、キレイな雑巾、樹脂系ワックス

ワックスがけが不要のフローリングでも、長年ご使用いただく中で、キズがつき、表面光沢が落ちてしまった場合は、下記の表から適切なワックスを選び、それぞれの注意・ 使用方法にしたがってご使用ください。

(1)フローリングの表面に汚れがついたままワックスをかけると、汚れを封じ込めることになってしまいます。あらかじめフローリングの汚れをキレイに落としておきましょう。

床の汚れを落として準備を

(2)ワックスがけのポイントは、90cm四方くらいの広さごとに作業を進めていくこと。ワックスをポタポタと落としてから、固く絞った布で塗り広げます。軽くなでるように塗り広げるのがコツです。

軽くなでるように塗り広げる

(3)重ね塗りができることも、樹脂系ワックスの特徴です。ツヤがなくなってきたと思ったら、汚れをキレイに取った上で塗り重ねましょう。最後は水拭きで仕上げを行います。

ツヤが消えてきたら重ね塗り

●フローリングと使用できるワックスの種類を確認しましょう。

ワックスの種類

(2016年8月現在)

注意事項

●ワックスをご使用になる場合は、ご入居時の設計資料、仕様書などをご覧いただき、必ずフローリングの仕様をお確かめください。詳しくは担当のトヨタホーム店にお問い合せください。
●ワックスを塗布する場合は、トヨタホーム指定のタイプをお使いください。すりキズによって表面沢が落ちてしまった場合や、表面のツヤを出したい場合は、トヨタホーム指定のワックスに限り塗布が可能です。ただしワックス塗布によって、表面のツヤや質感が変化したり、ワックス層のキズや磨が起きたりするので、定期的なワックスがけが必要になります。

TOPへ