部位ごとのお手入れ

トヨタホームの家にいつまでもキレイにお住まいいただくために、
部位ごとのお手入れを掲載しています。

外壁・屋根

外まわり

外壁・屋根

外壁と屋根を定期的にチェックして、
建物全体の美しさをキープしましょう。

  • しっかりお掃除
  • 注意事項

しっかりお掃除

半年に1度は外壁をしっかり水洗い

作業時間
約30分(10㎡)
作業の頻度
半年ごとに
用意する物
キレイな雑巾、ホース、 洗車ブラシ

常に風雨にさらされている外壁は、砂やホコリなどが付着しやすい部位。そのままにしておくと黒ずんでくることがあるので、半年に1度はお手入れが必要です。定期的に水洗いをして汚れやホコリを取り除きましょう。

①水洗い

水洗いは上から下へゆっくりと、洗い流します。

外壁の水洗い

②ブラシを使用

水だけで落ちない汚れは、洗車用のやわら かいブラシを使って汚れを洗い流します。

外壁をブラシでお掃除

③雑巾を使用

目地の汚れは目地を傷めないように雑 巾を使い、軽くこすって落としましょう。

外壁を雑巾でお掃除

外壁の高いところは、高水圧でお手入れ

外壁の高いところは、高水圧でお手入れ
作業時間
約30分 
作業の頻度
半年ごとに
用意する物
ホース

外壁の高いところは、ノズルの勢いを強くして水洗いをします。また、水を出しながら洗えるタイプのブラシがあると便利です。高圧洗浄器を使う場合は、目地(定型シール)やサッシ・換気扇の排気口の中に直接当てないようにしましょう。

キッチン換気扇の排気口付近は念入りに

キッチン換気扇の排気口付近は念入りに
作業時間
約30分 
作業の頻度
半年ごとに
用意する物
ホース、スポン ジ、中性洗剤

キッチンの換気扇の排気口付近は、油で汚れてしまうことも。その場合は汚れた部分に薄めた中性洗剤をかけて、汚れが浮いてきたらスポンジなどでこすります。その後必ず洗剤を洗い流してください。

金属サイディング(スパンドレル外壁※)もしっかりとお手入れを

金属サイディング(スパンドレル外壁※)もしっかりとお手入れを
作業時間
約30分(10㎡)
作業の頻度
海岸地帯 年4回、 工業地帯 年3回、市街地 年2回
用意する物
キレイな雑巾、ホー ス、中性洗剤

※LQでは「金属サイディング」、エスパシオMezzoは「スパンドレル外壁」という名称を使用しています。

 

金属サイディングで使用されているガルバリウム鋼板は、汚染物質が長期間付着するとシミやサビが発生することも。年に数回水洗いをするか、汚れがひどい場合は、水で薄めた中性洗剤を使用し、最後に水洗いをし、水気を拭き取ってください。

 

・洗浄後は、乾いた雑巾で水分をよく拭き取ってください。
・はしごや脚立などは直接立て掛けると、キズ・へこみが生じる恐れがあるのでやめてください。

・LQは軒天も金属サイディングになります。同様にお手入れしてください。

注意事項

外壁のシール材を傷つけないようにご注意を

外壁のシール材を傷つけないようにご注意を

外壁のつなぎ目の部分にはシール材が打ち込まれています。これは雨水の浸入を防ぐ大切な物です。キズをつけたり、引っかいたりしないでください。またお手入れの時のキズにもご注意ください。

外壁の表面にキズをつけないでください

外壁の表面にキズをつけないでください

汚れを落とす際に、クレンザーや磨き粉・ワイヤブラシなどの硬い物は使用しないでください。表面にキズがつく恐れがあります。また、変色や変形の原因になるため、シンナー・ベンジンの使用も避けてください。

塩害を受けたら、ホースで洗浄を

塩分を含む雨や風、汚れによって建物が腐食し、サビが発生する塩害。特に軒天の金属部分や雨どいの裏側など、雨水で洗浄されない部分が被害を受けます。特に海に近い地域などは注意が必要ですが、台風などで強風が吹いた場合には、その他の地域でも発生する場合があります。強い潮風が吹いた後は、ホースで外壁まわり(特にシャッター・雨どいなどの金属部分)を洗浄してください。まず、サッシ、シャッター、雨戸を閉めて2 階から散水します。次に1 階を洗浄しますが、水圧をかけて放水すると浸水の恐れがありますので、上側からゆるく水をかけて洗浄してください。作業の頻度(海に近い地域)は3か月に1度です。

TOPへ