部位ごとのお手入れ

トヨタホームの家にいつまでもキレイにお住まいいただくために、
部位ごとのお手入れを掲載しています。

室内ドア

ドア・サッシ

室内ドア

意外と手軽にできる室内ドアの調整。
仕組みを理解して挑戦してみましょう。

  • ふだんのお手入れ

ふだんのお手入れ

手あかなどの汚れは拭き掃除で落とす

手あかなどの汚れは拭き掃除で落とす
作業時間
約10分 
作業の頻度
1週間ごとに
用意する物
キレイな雑巾、チャーミー グリーンなどの中性洗剤

ふだんのお手入れは、扉の表面を乾拭きするだけでOK。手あかなどが取れない場合は「チャーミーグリーン」などの中性洗剤を薄め、固く絞った雑巾で拭き取ります。

【お手入れ動画】 吊引戸の調整方法 鍵の調整編

【お手入れ動画】 吊引戸の調整方法 鍵の調整編
作業時間
作業の頻度
用意する物
プラスドライバー、軍手

動画はこちら

 

鍵をかけた後、引戸がガタガタするようであれば、鍵の調整が必要になります。

鍵は鎌錠がストライクの受けにかかることで、ロックされます。「鎌錠」と「受け」にすき間ができるとガタガタします。鍵をかけた時にガタガタしなくなれば、調整完了です。

 

【調整方法① 受け金具の高さを調整する】

プラスドライバーで受け金具の下のねじを緩めて、鎌錠がかかる高さを調整します。

【調整方法② 受け金具の奥行を調整する】

プラスドライバーで受け金具の上のネジを回して、鎌錠がかかる奥行の位置を調整します。

 

【お手入れ動画】 吊引戸の調整① 引戸の傾きと閉じ具合の調整編

【お手入れ動画】 吊引戸の調整① 引戸の傾きと閉じ具合の調整編
作業時間
作業の頻度
用意する物
脚立、プラスドライバー、軍手

動画はこちら

 

<調整が必要なケース① すき間>

引戸を閉じた状態で、すき間が見えたら引戸が傾いているかもしれません。

<調整が必要なケース② 閉じ具合>

ソフトクローズ機能が上手く働かない場合は、吊引戸が傾いている可能性があります。

 

【調整方法① 上下を調整する】

プラスドライバーで下のねじを回転させ、扉の上下の位置を調整します。

【調整方法② 左右を調整する】

プラスドライバーで上のねじを回転させ、扉の左右の位置を調整します。

【調整方法③ 扉の反対側を調整する】

扉の反対側にも同じように上下左右の調整ネジがあります。同様に調整してください。

【調整方法④ 最終確認する】

扉がゆっくりとしまるかどうか、鍵がしっかりかかるかどうかを確認してください。

 

【お手入れ動画】 吊引戸の調整② 開き具合の調整編

【お手入れ動画】 吊引戸の調整② 開き具合の調整編
作業時間
作業の頻度
用意する物
脚立、マイナスドライバー、軍手

動画はこちら

 

<開き具合の調整>

引戸を開けた時、速さを抑えるブレーキ力が発生します。

<ブレーキ力が弱い場合>

扉が勢いよく開くと、壁に当たり、扉や壁に傷つく場合があります。

<ブレーキ力が強い場合>

扉が早く止まってしまい、全開になりにくくなります。

 

【ブレーキ力の調整方法】

扉の上部にブレーキ力の調整レバーがあります。マイナスドライバーで調整できます。

【調整方法① ブレーキ力が弱い場合】

調整レバーを矢印の方向にマイナスドライバー等でスライドさせ、ブレーキ力を強くします。

【調整方法② ブレーキ力が強い場合】

調整レバーを矢印の方向にマイナスドライバー等でスライドさせ、ブレーキ力を弱くします。

【調整方法③ 最終確認する】

ブレーキ力の効き具合を確かめ、壁との間に適度な距離が開くよう、調整してください。

 

TOPへ