部位ごとのお手入れ

トヨタホームの家にいつまでもキレイにお住まいいただくために、
部位ごとのお手入れを掲載しています。

排水口・浴室ドア

浴室・洗面

排水口・浴室ドア

後まわしになりがちな排水口や浴室ドア。
定期的なチェックをお忘れなく。

  • ふだんのお手入れ
  • しっかりお掃除
  • 注意事項

ふだんのお手入れ

【排水口】 排水口の髪の毛やゴミをこまめに除去

【排水口】 排水口の髪の毛やゴミをこまめに除去
作業時間
約3分
作業の頻度
1週間ごとに

排水口は、汚れがたまりやすく雑菌が繁殖しやすい場所。フタをはずして排水口の網にたまった髪の毛やゴミを取り除きましょう。

【浴室ドア】 汚れが目立つ前にお手入れを

【浴室ドア】 汚れが目立つ前にお手入れを
作業時間
約10分
作業の頻度
1週間ごとに
用意する物
やわらかいスポンジ、バスマジックリンなどの浴室用中性洗剤

スポンジに「バスマジックリン」などの浴室用中性洗剤をつけて汚れた部分を洗い、その後で水でキレイに流します。その後は水分をしっかり拭き取り、乾燥させておきましょう。

しっかりお掃除

【排水口】 月に1度は奥までしっかりお掃除を

【排水口】 月に1度は奥までしっかりお掃除を
作業時間
約1時間
作業の頻度
1か月ごとに
用意する物
スポンジ、重曹、食酢

排水口の網をはずして重曹を約1/2 カップ入れた後、「重曹」と同量の食酢と40℃程度の湯を流し込みます。泡立ってきたら、30 分以上放置した後、ぬるめのお湯で洗い流します。また、排水口の入り口付近にも重曹を振りかけ、スポンジでこすりましょう。

【浴室ドア】 レールにたまった汚れはブラシで除去

【浴室ドア】 レールにたまった汚れはブラシで除去
作業時間
約10分
作業の頻度
1か月ごとに
用意する物
サッシブラシまたは歯ブラシ

ドアレールの溝は汚れがたまりやすい場所。サッシブラシや歯ブラシを使って汚れを取り除きましょう。壁の継ぎ目なども同じようにブラシでお掃除します。

注意事項

折戸に接着式のタオル掛けを取り付けないでください

折戸に接着式のタオル掛けを取り付けないでください

浴室の折戸の明かり窓部分は樹脂製のため、溶剤やゴム系接着剤に弱く、変質する恐れがあります。接着式のタオル掛けなどを取り付けないようにしてください。

 

●洗剤を使用する際は、十分な換気をしてください。「カビキラー」などのカビ取り剤を噴射する場合は必ず十分な換気を行ってください。浴室は狭く密閉度が高い空間のため、十分な換気を行わないと塩素ガスが充満し肺の内部がただれ呼吸困難になることがあります。

 

●塩素系の洗剤「カビキラー」などのカビ取り剤を使う場合、酸性タイプの製品、食酢、アルコールなどと混ぜると有害な塩素ガスが出て危険です。絶対に混ぜたり一緒に使ったりしないでください。

 

●「カビキラー」などのカビ取り剤を使用する際はマスク、保護眼鏡・ゴーグルなどを着用しましょう。

TOPへ