防災コラム 今月のチェックポイント

おすすめの住まい情報をはじめ、
簡単にできるお手入れやメンテナンスについて毎月公開します。

わが家の防災!もしもに備える防災コラム

防災知識を高めることで、より安全・安心な日々を!もしもの時に役立つ「備え」や「ヒント」をご紹介します。

備蓄品は、「自給自足」で災害を乗り切るための重要品です。

一般的に、災害が発生してから3日間は生存者の救助が最優先されるため、支援物資の配給や援助が本格化するのは4日目以降と言われています。

ライフラインの復旧にも時間がかかることを考えれば、最低でも3日間(理想は1週間)は、自分自身で生命を維持しなければなりません。

電気・水道・ガスが止まり、何も買えない状況の中で、災害時の「自給自足」として家庭でできる対策が備蓄品です。

何が必要か、足りない物はないか、ご家族で確認してみてください。

人数×3日分〜1週間分のストックリスト

■備蓄品の代表例(飲料水や食料以外)

チェックリストを作成して定期的に確認。

期限切れや動作不良の物があれば補充・交換しましょう。

 

*消火器 *懐中電灯 *携帯用ガスコンロ *固形燃料 *スリッパ *軍手 *防災ずきん *ヘルメット *大型ゴミ袋 *万能はさみ *救急箱 *常備薬・持病薬など *レジャーシート *簡易トイレ *トイレットペーパー *ウェットティッシュ *現金 *下着・毛布

 

◎車の中、倉庫などにも置いておきましょう

*バール *ジャッキ *テント *毛布 *寝袋 *ビニールシート

■備蓄品の代表例(飲料水や食料以外)

■飲料水や食料などについて

飲料水や食料などは、最低でも3日分、できれば1週間分をご家族の人数分備蓄しておくと安心です。

賞味期限・消費期限をチェックし、定期的に入れ替えることもお忘れなく。

 

*飲料水は1人1日3リットルが目安。

*食料は、そのまま食べられるか、簡単な調理で食べられる、長期保存が可能な物を。

*生活用水はポリタンクやペットボトルなどに入れて保存しておく。

 

くわしくは家庭防災MOOK 「もしもの防災・安全BOOK」をご覧ください。

■飲料水や食料などについて

過去のコラム

修理・相談受付

メールでのお問い合わせにつきましては
お名前、保証書番号等をご入力の上、ご送信ください。

メールでのお問い合わせ

  • ※「よくあるご質問(FAQ)」では、お客様から多く寄せられているお問い合わせの内容を掲載しています。
    お問い合わせの前にぜひ一度ご確認ください。よくあるご質問(FAQ)
  • ※土日・祝日を挟んだ場合、またはお問い合わせ内容によっては、数日以上のお時間をいただく場合がございます。
    (受付時間 平日 9:00〜17:30)
  • ※メールでのご回答が不達の場合、またはご質問の内容によっては電話での確認や電話・郵送でのご回答をさせていただきますので、
    必ずお名前、電話番号または保証書番号の記載をお願いいたします。

お急ぎの場合はお電話にて、担当の販売店へお問い合わせください。

電話番号がご不明の際には記コールセンターにお問い合わせください。

フリーコール 0800-500-3707 【年中無休】9:00~17:30

×

TOPへ