防災コラム 今月のチェックポイント

おすすめの住まい情報をはじめ、
簡単にできるお手入れやメンテナンスについて毎月公開します。

わが家の防災!もしもに備える防災コラム

防災知識を高めることで、より安全・安心な日々を!もしもの時に役立つ「備え」や「ヒント」をご紹介します。

万が一の時に連絡が取れる「災害用伝言ダイヤル」体験のススメ。

災害発生時は、被災地の方々の安否を気遣う通話が集中して電話がかかりにくい状態となるため、「災害用伝言ダイヤル」が活躍します。

電話で「171」をダイヤルし、ガイダンスに従っていけば安否確認が可能です。

そこで今回おススメしたいのが、「災害用伝言ダイヤル」の体験利用。

万が一の時に安否確認が落ち着いてできるよう、家族全員で一度試してみてください。

電話やインターネットを活用した連絡方法

■「災害用伝言ダイヤル(171)」の使い方

電話で「171」をダイヤルします。

ガイダンスに従い、音声メッセージの録音(伝える)は「1」を、再生(知る)は「2」をダイヤルし、続いて被災地の方の自宅、または連絡を取りたい被災地の方の番号を市外局番からダイヤルします。

伝言録音は1伝言あたり30秒以内で、伝言の保存時間は登録後2日間。

なお、音声メッセージは被災地域内の固定電話からの登録が優先されます。

■「災害用伝言ダイヤル(171)」の使い方

■インターネットを使って安否確認

伝言や動画・静止画をインターネット上で確認できる「災害用ブロードバンド伝言版」では、被災された方が「web171」にアクセスし、自宅の電話番号宛に登録したメッセージ(保存時間は登録後2日間)を全国から確認できます。

ほかにも、携帯電話のインターネット接続サービスを利用して安否情報と100文字程度のメッセージを登録し、それを他の人が閲覧できる「災害用伝言版」などがありますので、登録・ブックマークをしておきましょう。

 

◎災害用ブロードバンド伝言版(web171)

■インターネットを使って安否確認

■「171」および「web171」の体験利用

「災害用伝言ダイヤル(171)」および「災害用ブロードバンド伝言版(web171)」の体験利用が可能な日は次の通りです。

万一の際の連絡方法をしっかりと身につけておきましょう。
◎毎月1日・15日
◎正月三が日
◎防災期間(8/30〜9/5)
◎防災とボランティア週間(1/15〜1/21)

過去のコラム

修理・相談受付

メールでのお問い合わせにつきましては
お名前、保証書番号等をご入力の上、ご送信ください。

メールでのお問い合わせ

  • ※「よくあるご質問(FAQ)」では、お客様から多く寄せられているお問い合わせの内容を掲載しています。
    お問い合わせの前にぜひ一度ご確認ください。よくあるご質問(FAQ)
  • ※土日・祝日を挟んだ場合、またはお問い合わせ内容によっては、数日以上のお時間をいただく場合がございます。
    (受付時間 平日 9:00〜17:30)
  • ※メールでのご回答が不達の場合、またはご質問の内容によっては電話での確認や電話・郵送でのご回答をさせていただきますので、
    必ずお名前、電話番号または保証書番号の記載をお願いいたします。

お急ぎの場合はお電話にて、担当の販売店へお問い合わせください。

電話番号がご不明の際には記コールセンターにお問い合わせください。

フリーコール 0800-500-3707 【年中無休】9:00~17:30

×

TOPへ