オーナーズブック「住まいのお手入れ」編
57/160

浴 室鏡ウロコ状の白い汚れに要注意。予防とこまめなお手入れで、鏡をピカピカに。●お使いになる洗剤等の裏面の注意事項は必ずお読みください。●強くこすると塗装を傷つけたり、塗膜がはがれてしまう恐れがありますのでご注意ください。●各メーカーの取扱説明書や使用上の注意書きを必ずお読みください。鱗状痕などの汚れがいったん付着すると、落とすのは大変です。そうなる前の対策として、ここでも撥水剤を使ったコーティングが役立ちます。他の部位と同様、鏡の表面に塗っておくだけで、約1~3か月にわたって汚れの予防効果が続きます。「汚れの予防」  ■作業時間/約3分■作業の頻度/1~3か月ごとに■用意する物/ キレイな雑巾、汚れしらず■作業時間/約30分■作業の頻度/1か月ごとに■用意する物/ スーパー鱗状痕落しなどの鱗状痕用洗剤鏡の表面に付着した白いウロコのような汚れは、水道水に含まれるカルシウムなどが長い時間の間に付着・乾燥してできた、鱗状痕と呼ばれる汚れ。浴室用洗剤で洗っても落ちません。市販されている専用のアイテムを使って落としましょう。「しっかりお掃除」  ガンコな鱗状痕にはこれで対処!鏡の予防にも「汚れしらず」が大活躍「ふだんのお掃除」  毎日のお手入れは、シャワーで流して拭き取るだけ■作業時間/約3分 ■作業の頻度/毎日■用意する物/ やわらかい布浴室の鏡は、シャンプーや石けんが飛び散りやすい場所。また、油膜や水あかを原因とする表面のくもりも悩まされるところです。これらの汚れを防ぐために、毎日のお手入れ時に鏡の全面をシャワーで流してやわらかい布で拭き取りましょう。落ちにくい汚れには「お酢ティンクル」などの弱酸性洗剤を使う■作業時間/約3分 ■作業の頻度/1週間ごとに■用意する物/ キレイな雑巾、お酢ティンクルなどの弱酸性洗剤落ちにくい汚れが出てきた場合は、「お酢ティンクル」などの弱酸性洗剤を使います。鏡の表面に吹き付け、雑巾で拭き取ります。シャワーでサッと流した後、水気を拭き取るだけで完了です。週に1回程度行うといいでしょう。りんじょうこん鏡面に曇り止めコーティングが施されている場合は、コーティングが剥れてしまいますので使用しないでください。キッチン浴室・洗面トイレ洋室和室外まわり巻末資料知識ドア・サッシ設備浴槽排水口・浴室ドア水栓・シャワー換気扇ボウル・カウンター浴室のQ&Aキャビネット・洗面室水栓・排水口・鏡洗面のQ&Aチェックリスト浴室鏡56OWNER'S BOOK50音順索引P147目的別索引P141

元のページ 

page 57

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です