オーナーズブック「住まいのお手入れ」編
26/160

50音順索引P147目的別索引P141キッチン浴室・洗面トイレ洋室和室外まわり巻末資料知識ドア・サッシ設備汚れの種類と洗剤の選び方お手入れの心得汚れの予防キズの予防収納部分の予防洗剤とお掃除グッズ収納のノウハウチェックリスト引越し前・引越し時の心得水まわりの汚れ予防知識水まわりの汚れ予防水あか(カルシウム汚れ)をカットすることが、水まわりの汚れを防ぐポイントです。●お使いになる洗剤等の裏面の注意事項は必ずお読みください。●強くこすると塗装を傷つけてしまう恐れがありますのでご注意ください。●各メーカーの取扱説明書や使用上の注意書きを必ずお読みください。キッチンの予防■作業時間/約10分■作業の頻度/1~3か月ごとに■用意する物/キッチンペーパーまたはキレイな雑巾、汚れしらずキッチンや浴室などの水まわりに残る白い汚れは、水道水に含まれるカルシウム分が乾燥した物。これを防ぐためには、水栓やシンク、壁などの表面に水分を残さないことが重要です。部位ごとの効果的な予防方法を、さっそくご紹介していきましょう。1~3か月ごとにコーティングするだけで、水あかがつきにくくなる!キッチンの中で特に気になるのが、シンクの中や水栓などに付着する水あか。これを防ぐ上で効果を発揮するのが、撥水剤を使ったコーティングです。キッチンペーパーや雑巾などに「汚れしらず」をつけ、コーティングしたい部分に塗布。これだけで約1~3か月にわたり防汚効果がキープされます。キッチンの扉やタイルにも効果を発揮するので、ぜひお試しください。浴室の予防浴室もキッチンと同様、水分のケアが重要なポイントとなります。壁や床、シャワーなど、浴槽以外の部分に雑巾につけた「汚れしらず」を塗布し、しっかりとコーティングしておきましょう。いつも快適に入浴したいから、浴室の汚れもしっかり予防※撥水剤の使い方はP19へ■作業時間/約10分■作業の頻度/1~3か月ごとに■用意する物/キレイな雑巾、汚れしらず※撥水剤の使い方はP19へ25OWNER'S BOOK

元のページ 

page 26

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です