オーナーズブック「住まいのお手入れ」編
132/160

季節のお手入れ春のお手入れ●お使いになる洗剤等の裏面の注意事項は必ずお読みください。●各メーカーの取扱説明書や使用上の注意書きを必ずお読みください。排水口が詰まっていないか、梅雨入り前にきちんとチェック。たまっている落ち葉や泥などを取り除きましょう。ベランダのお掃除P125へサッシのレールにホコリがたまってきたら、ブラシで掃き掃除。窓や網戸のすべりも滑らかになります。サッシレールのホコリ取りP103へホコリなどが付着したままにしておくと黒ずんでくるので要注意。水洗いをして汚れやホコリを落としましょう。外壁を水洗いP123へシャッターの表面は水で洗い流して汚れを落とします。レール部分にたまった砂などを掃除するのも忘れずに。シャッターを水洗いP111へカーペットを模様替えする時は天日干しをするのがオススメ。数時間干した後、丁寧に掃除機をかけましょう。カーペットを天日干しP80へ季節のお手入れ夏のお手入れ●お使いになる洗剤等の裏面の注意事項は必ずお読みください。●各メーカーの取扱説明書や使用上の注意書きを必ずお読みください。畳の下は、和室の中でも特に湿気がたまりやすい場所。畳の縁を浮かせた状態にして湿気を抑えましょう。畳の湿気取りP91いったん発生してしまったカビは、なかなか落としにくいもの。「湿布法」で念入りにお掃除を。浴室のカビ掃除P51押入も畳と同じく、湿気がたまりやすい場所です。ふすまを開け放って空気を送り、湿気を逃しましょう。押入の湿気対策P93へ夏場はキッチンの排水口に雑菌が発生しやすいので要注意。重曹を使って排水口の奥までお掃除しましょう。キッチン排水口のお掃除P37へ浴室にカビが発生するのを防ぐためには、湿度は常に65%以下に。効果的な換気方法を実践しましょう。浴室の換気P52へ網戸のお掃除は、本格的な夏の前に行いたいもの。破れた部分があれば、はり替えも行いましょう。網戸のお掃除P107へ冬の間使ったカーテンは、意外と汚れているものです。きちんと洗濯をしてからしまうようにしましょう。カーテンを洗濯P87へ夏のお手入れで大切なのは、何といっても湿気対策。カビが生えやすい水まわりや自然素材を多く使っている和室などは、入念に対処が必要です。また、本格的に暑くなる前に網戸の点検や掃除をしておくこともポイント。風通しのよい網戸で夏を快適に過ごしましょう。春は風が強く、土ぼこりが舞いやすい季節です。建物の外壁やシャッターなど、外まわりのメンテナンスを念入りに行いましょう。また、冬の間に使ったカーペットやカーテンの模様替えも早目に行いたいもの。晴れた日は絶好のチャンスです。50音順索引P147目的別索引P141キッチン浴室・洗面トイレ洋室和室外まわり巻末資料知識ドア・サッシ設備快適アップメニュー季節のお手入れ壁の基本図131OWNER'S BOOK

元のページ 

page 132

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です