オーナーズブック「住まいのお手入れ」編
109/160

■作業時間/約5分 ■作業の頻度/網目が広がった時■用意する物/目打ち(千枚通し)、手袋■作業時間/約15分 ■作業の頻度/穴が開いた時■用意する物/ハサミ、手袋、強力網戸補修シートなどの網戸用補修シート網戸の目が広がった時はこう対処する5mm以上の穴が開いた時の補修方法網目が破れておらず広がってしまった時は、目打ち(千枚通し)などを広がった網目に引っ掛け、まっすぐな状態に戻します。その際は、ケガを防ぐためビニール手袋や軍手をはめて作業してください。網戸に5~7mm程度の穴が開いてしまった時は、網戸用補修シートを使ってメンテナンスします。まずは破れている部分をよく切れるハサミでキレイに切りそろえましょう。穴の形が整ったら網戸用補修シートを、穴の大きさより2まわりほど大きなサイズにカット。穴をふさぐようにして両面からはり付けます。ポイントは、穴が開いたらできるだけすみやかにメンテナンスを行うこと。大きく広がってしまうとメンテナンスがしにくくなるので、ご注意ください。10~15mmの大きな穴が開いてしまった時は、「強力網戸補修シート(大判)」などの網戸用補修シートを使って補修してください。メンテナンスの方法は小さな破れの時と同じです。● 10~15mmの大きな穴の場合は?■作業時間/約3分 ■作業の頻度/穴が開いた時■用意する物/ マニキュア2~3mm程度の穴はマニキュアで処置!「どうしたらいいの?」と思わず困ってしまうのが、網戸に穴が開いてしまった時。でも、小さい穴なら手軽にメンテナンスできるので心配はいりません。ここでご紹介するのは、マニキュアを使ったメンテナンス方法。穴の大きさが2~3mm程度の時なら、透明マニキュアを塗りつけるだけで破れた穴をふさぐことができます。マニキュアが乾くまでは触らないよう、気をつけましょう。「メンテナンス」 ❷50音順索引P147目的別索引P141キッチン浴室・洗面トイレ洋室和室外まわり巻末資料知識ドア・サッシ設備サッシ窓網戸Q&Aシャッターチェックリスト玄関ドア室内ドア108OWNER'S BOOK

元のページ 

page 109

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です